So-net無料ブログ作成

『Jamaica Song』 Booker T [音楽]

音楽はジャンルじゃないと思っている。






『Jamaica Song』 Booker T


I can see children dancing
Dancing in the sun
Dancing to the beat of the conga drum
And having so much fun
They're having so much fun

Now I can hear children singing
Singing Sunday song
Singing and dancing in the summer sun
And having so much fun
They're singing a jamaica song

I can see children smiling
They're music in the air everywhere
They're dancing and singing in the summer sun
With flowers in there hair
They're singing a Sunday song

I can see the children clapping
Clapping their little hands
Dancing and singing a Sunday song
And everyone understands
They're singing a summer song








大好き。



一生聞くだろうな。




雨の夜は感傷的になりやすいから嫌だ。




だけどどうしようもなく好きなので
お裾分け。

名古屋頑張れよ 年度末に。 [仕事]

2008年度が終わろうとしている。

会社的には増収増益。

なんとか終えられた。




上期、凄く調子が良かった。
下期、潮目が変わった。


もちろんリーマンショックの影響もある。
だが、それだけじゃない。



この半年は苦しみまくった。


悶々とする日々を過ごし、
答えを見出せず、イライラしてしまった日もある。




未熟さを痛感。


励ましの言葉にも素直になれない日が続いた。








2009年度、何かを変えなければならない。


まずは自分自身が変わる事から始めようと思う。






そして、
新年度、2月3月は
名古屋での仕事に力を注ぎ込みたい。



DSCF1829.jpg



DSCF1833.jpg






不景気は元気を無くさせる。






昨日は
いつも愉快な年上の魚屋さんから電話が来た。

なんだか元気が無い。

とても心配。





みんなが元気になれるよう、
2月はより一生懸命に。










今年度も、
至らぬ点で多々迷惑かけた仕事関係の皆様、
色々ありがとうございました。

来年度は少しずつ恩返しします。


今後とも宜しくお願い致します。






jew

良いものは良い [音楽]

今日も会社のメンバーと夕飯。


ワインが美味い。



仔鹿の肉も美味かった。






なぜか途中からピアソラの曲が頭から離れない。


↓この曲じゃないんだけど。










しかしこの映像、
ヨーヨーマさんのデニムシャツと眼鏡ったら。。。








とはいえ、良い音楽は良いですよね。


今日もゆっくりと音楽を聞きながら眠ります。

言葉を紡ぎ出せ! [仕事]

チームの一人が言葉を紡ぎ出す作業に苦心している。

言葉を紡ぎ出すのは本当に難しいが、
本当に楽しい作業だ。

「良い」と思うものが出来た時の気持ち良さといったら。。。




コピーライティングのプロではないので
難しい事はわからないが、
こんなときこそ多くの活字に触れてきた強みを発揮できるもの。
手助けはしてあげたい。



ところで、
自分が使っている時計は「音楽」、特に「JAZZ」が名前にも使われている時計だ。
このコピーライティングが秀逸。








「ジャズは、最もアメリカらしい音楽だ。

そのジャズが生まれたのは、ハミルトン創業と同じ1980年代のニューオリンズである。

ラグタイム、ブルースなど、さまざまな音楽を融合させたジャズは、

1930年代、アメリカでいちばん愛される音楽になっていった。

自由。洗練。享楽。美意識。

そんなジャズへのオマージュとして生まれたコレクションが”ジャズマスター”である。

オン&オフの充実した時を過ごす大人のスタイリッシュなタイムピース。」








この文句にはやられた。

アメリカ、ジャズ、大人、スタイリッシュ。。。



そこには全ての「気分」が詰まっていたから。










言葉は大事です。



頭を捻って、手を動かして、
考え抜きましょう。


フランスの切手 日本の餃子 [その他]

フランスから手紙。


R0012713.jpg

職場に届いたものだけど、
素敵な紫色でした。

ツボ。

この手紙がパリからどんな所を通って
デスクに届いたのか考えるととても楽しくなる。






今晩は「王将」。


R0012715.jpg




理由は、わかる人にはわかるはず。

チラシ配っていたあの店です。

配っていた方もいましたよ。笑



国産原料、冷凍配送無し。

すごい事だと思います。




理屈無しに餃子とビールは合うんだが、
餃子ってのがかくも小難しい食べ物だったとは。。。


初めて「考え」ながら餃子食べてしまいました。


まさに経営努力。

不況の時代の鏡です。

黒縁眼鏡と坊主のブランディング [音楽]







黒縁眼鏡でボーズでも良いんだなって思った瞬間。




『夏の日の午後』 eastern youth











あれから何年?


バリカン何代?








変わらないもの。




ランチェスター思考&ハイコンセプト [読み物]

昨日土曜日は仕事で京都へ、
本日日曜日は仕事で名古屋へ。

大阪では雪がちらほら。


新幹線が遅れる。
ホームで待ちぼうけ。
寒すぎです。




先日もちょろっと書いた『ランチェスター思考』



R0012711.jpg



こりゃもっと読み込まなきゃダメだな。。。








金曜日の昼にお勧めされてその足で買った本、


『ハイコンセプト』 ダニエル・ピンク (訳:大前研一)



R0012712.jpg




帯には派手に勝間和代さんのレコメンド。



「新しいことを考え出す人の時代」、とあるが、
まさにその通り。

こりゃ納得。




富を約束する6つの感性の磨き方。

「デザイン、物語、全体の調和、共感、遊び心、生きがい」





なかなか面白い考え方だ。





左利きの僕は「右脳」が活発であって欲しいと願うばかり。




何人かに早速読ませたい本。












そういえば今日は名古屋で「水」談義。

水が語れる男、目指してます。笑


今日飲んだイタリアの水、美味かったっす。
水社長、次回も色々教えてもらいます。




『十牛図に挑む』 MAYA MAXX展 @京都 何必館 [その他]

寒空の下、京都へ。


目的は仕事。

裏の目的は、、、


R0012683.jpg


『十牛図に挑む』 MAYA MAXX展


京都の祇園にある何必館(かひつかん)にて。


http://www.kahitsukan.or.jp/






今回の内容はこちら







十牛図って知らなかったけど、
奥深い。


(以下説明)

「十牛図」とは、禅の悟りに至る道程を、牛を主題に表したものです。

「真の自分」である牛とそれを探し求める牧人との関わりを描いたこの禅書は、
現代でいう「自分探し」の旅へと導く案内書といえるでしょう。






ふむふむ、その通り。




すごくパワーをもらいました。
何と形容すべきか言葉が見つかりませんが、
とりあえず力とか意志を感じました。






何必館、最上階がとにかく素敵。

地階も素敵。







ここに就職したかったって某女史の話もわからんでもない。





寒かったけど良い時間でした。

ライブペインティングは時間が無くて参加できず。






3月22日までやっているようなので
京都にお立ち寄りの際は是非。

living in Sri Lanka [スリランカ]

タイトル通り、

『living in Sri Lanka』


R0012680.jpg




このブログで紹介しているHelga's Follyは登場。


知らない場所もけっこうある。






いやー、スリランカ。
やっぱり良いとこです。



このへんとか、、、

http://www.galapita.com/


HPじゃ伝わりにくいけど。。。









また行きたいな、スリランカ。

とある業界における戦争 [仕事]

混迷の時代、
どこの業界も一寸先は闇だ。


某業界でも「やるかやられるか」の戦いが繰り広げられている。




・競争戦略
・ランチェスター戦略




ひさびさに本を読み返した。





学びは自分の武器の一つだが、
机上の空論はとても空虚だ。




実地で泥臭くとも戦っていく。
今はその時。





敵もなかなかのもの。

後退した業界かと思われるが、
今回の戦争のリーダー達はほぼ30代。
みなギラギラしてる。


50代、60代のリーダー達はここで去っていく可能性も大。


2009年、何が起こるかわからない。









やるべき事を粛々と。











今、二つのチームを率いているが、
一つのチームは各人が大きな成長を見せていると思っている。

意識レベルは少なくとも変わった。
あとは行動。
限界を作らず、チャレンジしてもらいたい。


もう一方は苦しんでいる。
意識改革。
行動改革。
させていく。






さて、今週末は京都・名古屋。
現場を回ってきます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。