So-net無料ブログ作成

「Fly me to the moon」 Nat King Cole [音楽]

月がキレイな夜だから。





ゆっくり聴きたい。




fly me to the moonは良いが、
cry for the moonではいけない。

あ、余計なことか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

縄文杉 屋久島旅行5 [屋久島]

四国も良いが、屋久島を早く終わらせろ、とヤジが入ったので。笑

11/28(土) 4時半起床。

宿から車でお弁当を取りにいき、縄文杉へ。

荒川登山口は駐車場が小さいので、
道路脇に皆が車を止める。

真っ暗な中、車中で朝食。

往復8〜10時間の長丁場。
ひたすら歩き。

6時過ぎに歩き始めるが、暗い。

ほぼ足元が見えず、
ヘッドライトを持ってこなかったことを後悔。

が、15分程で足元が見える程度に夜が明けてきた。


あとは写真で。


R0011672.jpg


ひたすらにトロッコ道を。


R0011677.jpg

落葉が秋。


R0011681.jpg


R0011686.jpg



ようやく朝が訪れ、

森が一気に、生の躍動。


R0011732.jpg




強烈な生。


あまりのダイナミズムに放心状態。


R0011744.jpg



R0011762.jpg


有名なウィルソン株。


R0011764.jpg


ベタですが、ハートな感じ。



そこからはアップダウンがひたすらに。


R0011774.jpg




ついに対面。



R0011790.jpg



見とれてしまう。

だが、非常に観光地化されてしまっているので柵などが残念な感じ。


樹齢が定かではないというこの「縄文杉」。

ただただ太古からの生の営みに圧倒され、言葉を失う。



残念なことにここで大雨に。

すぐ近くの小屋で雨やどり&昼食。


雨は止む気配がない。

レインウェアを持ってきていないことを後悔。
(後々大変なことに。)




少し弱まったタイミングで帰路へ。


R0011795.jpg



あまり写真を撮る余裕も無く、ひたすらに歩き続ける。




R0011797.jpg



森は雨を喜び、
人は雨を喜べない。



残念なことだ。



嬉しそうな森の木々や動物達を横目に、
ずぶ濡れの自分。



いざ車へ戻る数分前、
携帯が小刻みに震えている。

おや、着信か、と思ったら
なぜかずーっと震えている。


ポケットから取り出すと、
着信ではなく、
自らの手で水を振り払おうとしているかのように震えている。

危険。。。

すでにプライベートのドコモ携帯は電源が入らない。。。


仕事携帯のソフトバンクは震えが徐々に弱まって。。。


えぇ、ダブル水没です。
(数日後に幸いにも文明の利器ドライヤーによって復活するが。)









縄文杉、
杉自体にも感動するが、
トロッコ道から入り、
アップダウンの激しい道へ。

そのドラマがまた素晴らしく、

主役だけでなく、
全ての過程が楽しい。



携帯が水没したとはいえ、
雨がこんなに素晴らしいものだなんて。


屋久島が教えてくれることはあまりにも大きい。
そしてシンプル。




下山した僕は、
安房の港でしばし余韻を楽しんだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

新しいあたりまえ [仕事]

5月から新しい生活が始まります。

4月下旬、いよいよ千葉に戻ります。



R0014432.jpg




ずっと温めてきたものを
少しずつ形にするために。



「新しいあたりまえ」に向かって。



また皆さんにご報告します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

なんば 味園界隈 [京都・大阪・神戸]

大阪へ来て驚いた場所はいくつかあるが、
ここもその1つ。

ここ、というかこの周り。


R0014913.jpg



R0014918.jpg




ま、今や行きつけの飲み屋があるので慣れてしまったのだが。


絵になる町。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

高知 スナップ [四国]

高知旅行からスナップ集。


R0014458.jpg

泊まったホテル。
ホテル日航高知旭ロイヤル


最上階から見下ろす高知(海側)


R0014697.jpg

R0014696.jpg




昼寝酒。


R0014456.jpg



あびるほど飲みたい。


R0014448.jpg


やはり酔鯨。



R0014466.jpg


ごめん。



R0014686.jpg


ごめん行くのかな?




R0014450.jpg



百足。





R0014693.jpg


ダバダ。

栗焼酎。そうか、これ、高知のだったのか。







当然これも押さえる。


R0014470.jpg



日本で唯一、人名が付いた郵便局。

「龍馬郵便局」
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

The Police 「Every Breath You Take」 [音楽]

日本でのライブですけど、
やっぱりこれが最強だと思う訳です。





この曲には色んな思い出があるなぁ。




そして、今日連れて行ってもらったここ
非常に良かった。


次は名古屋で。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

3/26 STING 「ENGLISH MAN IN NEW YORK」 [音楽]

やっぱりSTINGはカッコよくて、憧れる。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

二年間の変化 [その他]

ちょうど良い季節になってきた。

R0013979.jpg
(二月末の直島で)


一年前はこの季節が大嫌いだったが、
色々と変化があるものだ。



今日は、
「二年前ならこんなこと話せなかった、言えなかった。」
とある人に言われた。

僕の変化。



僕はこの一年間自分を変える事に一生懸命だった。
人は変わらない、とか言うけれど、
望めば変われるもの。


変わったと言ってもらって嬉しい人に言って貰えると、
本当に嬉しい。


晴やかに春の訪れを待つ。




雨で寒い夜なのに、なんだかとても嬉しい夜。




フィードバックをくれる全ての人に感謝。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「ときわ」という時間@高知 [四国]

高知の夜。

よさこいを見た後、
ひろめ市場に向かったが、少々観光地的ノリで、
やや静かに飲みたい。

事前に太田和彦さんの本で調べてあった店は
メモごと自宅に置きっぱなし。笑

携帯で調べ、ようやく一件をつきとめる。
ひろめ市場から程近いが、
全く喧噪からかけ離れた小道にそれはあった。

「大衆割烹 ときわ」

R0014672.jpg


外からメニューを知る事はできずひるむが、
旅の恥はかき捨て。

のれんをくぐる。


先客無し。
我々だけだ。

店主とその奥様、そして女性従業員がカウンターの中に。

カウンターだけの居酒屋。

ホワイトボードだけのメニューに値段も無い。

緊張はピークだ。




しかし、せっかくなので土佐の地酒を頂きたいところ。


「お酒は何がありますか。」と問えば、
「土佐鶴です。」と。

こだわりの地酒が一種のみ。
これは好感が持てる。


R0014676.jpg



突き出しから始まる。


R0014677.jpg

自家製と思われる漬け物は漬かり具合が良い。




ひろめ市場では、季節外れだが、
生の鰹がウリの店で鰹のタタキを食べた。
脂が少なく、非常に残念なもので、こちらときわでもメニューには乗っていたが、
外すこととする。


代わりに、同じく高知名物のうつぼのタタキを注文。


R0014678.jpg


これが素晴らしい。

肉厚のウツボは噛む程に旨味が広がり、
酒が進む。
ポン酢のタレともよく合う。



ウツボに満足していると、店主の和田さんが声を掛けてくる。
「鰹は食べられましたか?」と。
先ほど満足できなかった旨を伝えると、
ときわのものは少し違うと言う。

半信半疑だが、ウツボ自体が凄く良かったので、任せてみることにする。



R0014679.jpg


出てきたものは、
タレに脂がしみ出す、先ほどとはまるで違う一品。
そして珍しい薄造り。

脂が強い訳ではないが、
タレにしっかりと七色の脂が光るレベル。
十分に美味い。

身の大きさから想像するに、先ほどひろめ市場で食べたものの倍はあろう魚だ。

ここの店独特の味付けがまた、良い。


余ったタレにタマネギを入れてもらい食す。
自家製のポン酢と甘い春のタマネギがまた絶品。



酒が進み、話が盛り上がる。


R0014680.jpg



R0014683.jpg

自家製ゆべし。
(甘いものではない。柚子の皮にミソを詰めた独自のもの。
完全に酒飲みの珍味。これだけで相当飲める。)



小粋なつまみはどれも土佐の素材にこだわったもの。


メニューのところてんが気になって聞いてみると、
室戸のあたりで取れる天草で作る、
本物のところてんだ。

聞けば、その場で「突き棒」で突いてくれるとのこと。


あまりの嬉しさに、突き棒作業は自分でやらせてもらう。

R0014685.jpg



土佐のところてんは鰹出汁。


地物の天草から作った、
歯ごたえと風味たっぷりのところてん。

初めて食べた鰹出汁のところてんだが、
これまたアリ。



この店、やはりただ者ではない。




話し込んでいくうちに、
店主の奥様はうちの取引先の同級生のお母様であることがわかったり、

店主のこだわりや素材素材について色々と教えてもらい、
大満足。

最後は最初の緊張もどこへやら、
談笑談笑。


酒も三杯、しっかり頂いた。







BGMは石原裕次郎。

これがまた良かった。




昭和の雰囲気。
確かな味。

人情もまた素晴らしい。


高知の夜を最高のものにしてくれた和田さんには感謝。

お勘定もこの内容にしては大満足。

素晴らしい居酒屋。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

喫茶店とスナックの看板@高知 [四国]

将来スナックの看板だけを集めた写真集を出す予定です。

地方に行くと必ず撮ってしまうスナックの看板。

高知は喫茶店にも良いものが多かった。
高知の取引先さんの話では、やはりかなり喫茶店の多い土地柄のようだ。

昭和な感じ、イケてます。



R0014412.jpg




R0014464.jpg




R0014694.jpg




まさに、


「考えるな、感じろ」



の世界だと思うのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。