So-net無料ブログ作成

嬉しさと切なさと、気持ちがマーブルチョコ。 [仕事]

今日は日帰り出張でした。


新規お取引先との商談。
一日たっぷりぶつかってきました。




すばらしく嬉しく、感動したのは、
うちの思いに強く、強く、共感してくれていた点。
隅々までうちの媒体をしっかり読み込んでいてくれた。
相手先がこれだと非常にやりやすい。





切なさは、そちらの経営状況。
これはほんとにビビりました。
社員の大半は子供を高校に進学させることすら困難な給与レベル、とのこと。

マジです。

久々に、本気で一瞬打ちのめされました。




が、この状況を改善したいという強い思いはしっかり受け止めましたので、
中期的にガッツリお役に立ちたいと思っています。


うちは、
生産者→うち→消費者
の三方良しでなければ成り立ちませんから、
当たり前ですが、取引先とはある意味運命共同体です。


この経営状況を作っているのは他ならぬ今の商品達ですから、
そうやすやすとこの状況を打破できる訳ではありません。


うちもまだまだ飢えた未熟児。
貧欲ですから、とはいえ尊厳は捨てないレベルで、
ここまで腹割ってぶつかってきてくれた先と商売を作りたいと思っています。



11月は最後の最後に心に雨が降りましたが、
良い兆しの中で終える事ができました。

まだまだ全然納得はできていませんが、
12月は更なる高みに向け、トライあるのみです。



さてと、
明日から九州へ。








「November Rain」 by Guns N' Roses
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

マイメンに感謝 [仕事]

同級生ってつくづく良いなぁと思うことが続く。

今年からすっごい仲良くなってきた同業の同級生仲間もたぶん一生の友達なんだけど、




地元の仲間も良いね。

sinnarastarありがとう。
感謝しきれんわー。

大事な場面に選んでくれたことを誇りに思います。
恥じぬよう、しっかり実名顔出しでこちらも仕事したいと思います。




そんなstarとの思い出の富士山旅行のBGMはこのバンドだったね。








最高の一日のお手伝い、身震いしますぜ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

SO902iの時代再来?ではないだろうが… [その他]

これは嬉しいな。ユーザーとしては。



いまだ、これ。

不自由無し。

twitterもこれでぴこぴこしてる。

gmail見るにはそろそろ不便になってきたけど、
確認程度なら、ね。



いけるとこまでいく。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Inspiration 2011 [趣味もの]

めちゃ行きたいな、これ。

Inspiration2011



まぁ、愛機が壊れて2台も新調してしまった今の自分には無理でしょうが。


あー。せめて誰か行ってきてほしいわ。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

相棒、逝く? [その他]

twitterで騒ぎまくったんで、見た人も多いと思いますが、
愛機が突然死。

Macbookの黒、なぜか突然動きを止めました。

反応無。


明日、朝イチでアップルストア行ってきます。





「なぜmacなの?」と言われたら、
「なぜmacでないの?」と答える。



自分が世界を変えられると本気で信じているから?
そうかもしれない。









英語版。

こちらの方がやっぱり好き。




ホーチミン進化論?2010 [ベトナム]

このブログにはそういえば前回のベトナム旅行の写真は全然載せていなかった。
デジカメの質が低かったからだな。

2004年時の旅行と、2010年はこんなに違うのか、という端的な例。

場所は、ホーチミンの安宿街で有名な「デタム通り」。

まずはブイヴィエン通りとぶつかる角。


2004年はこの角に程近い宿に宿泊。
そこから見下ろす。


DSCF0373.jpg



右上の建物が、2010年には、


R0029064.jpg


夜な夜なクレイジーなバッファロー達が集う場所に。

ここはマジで眠らない飲み屋でした。

欧米のちょっとイカれたお兄様方と、
そういうのをカモるベトナムのちょっとおかしな方でいっぱいな感じ。






デタムの入り口、ファングーラオ通りに面したところ、2004年。


DSCF0415.jpg

まだのんびりした感じ。



この右の建物が、2010年、


R0029066.jpg


またまた凄いことに。

さっきのクレイジーバッファローよりは少し上品な感じ。

こちらも欧米の中年夫婦やら、
外国人率極めて高め。



デタムは想像を絶する進化を遂げていた…。

デタム自体は凄く短いので入り切らないものが、
ファングーラオと、一番凄かったのはブイヴィエン通りか。
ブイヴィエン通りなんて、2004年当時は、
コピーCD屋と、わずかなレストランとお土産屋って感じだったのに、
今や一面外国人相手の店です。


夜のブイヴィエンは遠くに、ホーチミン一高いビルを臨み、
絡まる電線と人の熱気、騒音で、
まるで映画「ブレードランナー」の世界のよう。




以前のつもりでここに宿を取らなくて大正解でした。


物価がおよそ倍になっていたことにも驚きましたが、
こうして目の当たりにするとなんともかんとも。
経済成長というのは凄いものです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

たまには柔道の話など。 [その他]

あの試合は誰がどう見てもおかしいよね。



マイメン、A-STも怒っています。


旅行とか仕事とか、色々楽しい国なんだけど、
全体としてどっか1つボタン掛け違えてるところがあるんだよな。
(まぁ審判自体はあの国の人じゃなかったりするんだけど。大会として、おかしなこと多いし。)

むむむ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

先んじろ、韓国に。 [仕事]

ベトナム出張で感じたこと。

韓国の勢い、そして彼らが水面下でやってきたことは本当に素晴らしいことだ。
ということ。


台湾では日本ドラマブームが去った後、日本同様韓流ブームだというのは知っていたが、
ベトナムもあそこまでとは…。


映像系の方に聞いたところによると、
韓国はドラマの放映権を国が買い上げて、新興国に無償で提供しているらしい。

テレビから生まれる副次的な経済効果は察すべし。



韓国は映画、ドラマなどコンテンツ戦略が非常に上手い。
それは紛れもなく「国」が主導権を持っているし、そのやり方が「今」だから。

仮に日本が「国」がイニシアチブを取ったとしても、やり方が「古い」気がどうしても
してしまうのはこの国の痛いところ。



6年前の訪問では、
ホーチミンのかなり目立つところにHSBCの看板がデカく掲げられていて、
びっくりしたが、
今はサムスン、LGに代表される韓国メーカーの勢いが凄い。

サムスンの現地ローカライズの話は以前にも触れたかもしれないが、
(昨日のNHKのクローズアップ現代でもそれに触れていましたね。)
かなりグイグイと現地に食い込んで現地流をモノにしている。

これはホント凄い。



ただ、ベトナムではかなり優秀な日本人が、
かなり現地に食い込んで商売をしているのを間近で見て、
すごく心強く、楽しかった。

残念なのは、大半のそれが、
まだベトナム対日本のビジネスのスケールであったこと。
そして、大手企業ではそういう動きがあまり見えないこと。


蚊取り線香やハエ取り紙のように、
アジア全域、いや、アフリカ諸国にまで浸透していける
日本の商材は何だろうか。



確実に「モノ」ではないだろうなぁ。



そう考えると、僕が置かれている市場、
e-commerceは割と世界の中で日本は面白い状況だし、
アジアの中では先んじているということで、
新興国に攻めやすいビジネスなのではないかと思う。

ここでは、
単純にモノを海外に売るという意味ではなく、
その仕組みなど、パーツに分けて色々と現地に対してできることがあるのではないかということ。


こういったソフトのIT関連に関しては、日本が韓国に先んじても良いのではないだろうか。





日本のビジネスマンよ、
ベトナムの電線を地中化できたら、国民栄誉賞ものだぞ。

「光の道」は国内のみならず。
世界でも面白いものだろう。








うちも評論家ではなく、
現地で小さい実験を開始したい。

拾って来た種を今はどう、どこに、どのタイミングで蒔くか、
考える時だ。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

僕、モテるみたいです。 [ベトナム]

激しく妄想めのタイトルですが、
真実です。

残念ながら、
すごく真実です。



ベトナムでは。





それも、若い子に。






お金目当てに。(痛)








ま、誰でもモテるんですわ、この法則では。。。
残念ながら。











そして、今まではヒゲの国でだけ若く見られると思っていたのに、
25歳の男のベトナム人に22歳だと言われた時にはびっくりしましたね。

商売上は嬉しくないなぁ。。。


結局20代半ばの女の子にもみんなに年下だと思われていたし…。



しかし、現地の田舎に行った時に出会った女性経営者(30代前半)だけは
ほぼピタリ年齢を当ててくれましたね。これは嬉しかった。

商魂逞しい彼女は地元で土地を転がしながら、
バーレーンに廃電化製品を送り、使えるパーツだけをベトナムに戻して
再販しているようなことを言っていました。
それもパーツの販売は末端にルートを持っているので、
恐らく彼女はコンテナを転がしているだけなのでしょう。





島耕作ならこういう子と、良い感じになるのでしょうが、
僕はベトナムコーヒーを飲んで話をしていたらお腹がユルくなったので、
それどころではありませんでしたけどね。

全くもってベトナムは楽しい国でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

Think Global, Act Local. [仕事]

出張終了。

刺激強すぎました。

ベトナムで出会った人達が面白すぎた。
日本人も現地人も在住外国人も。

growing marketで見る景色、考えるアイディアと
日本で見る、考えるそれが違うのは当たり前ですが、
やはりグローバルにビジネスを展開していくというのは
うちのビジネスの基本線として間違いないですね。
売りでも買いでも良いと思うんですが。


まずは足元を固めて飛躍の準備。
明日からリスタート。


今回の出張を素晴らしいものにしてくれた
益子さんに感謝です。
ありがとうございました。

お店、全力で宣伝します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。