So-net無料ブログ作成
検索選択

予想以上の出来 長谷寺@奈良 [奈良]

長谷寺は良い、と聞いていた。

鎌倉の長谷寺しか知らない僕は
あまり期待はしていなかった。

が、良い。


奈良の長谷寺、恐るべし。




それなりに人が集まっているだけのことはある。





これ↓見てみたかった。

R0012311.jpg




秋の景色。



R0012328.jpg






光の妙




R0012330.jpg






色、いろ、イロ



R0012336.jpg





R0012348.jpg






奈良の桜井市は三輪そうめんの産地。

美味いそうめんは冬に作られる。


が、さすがに冬。


暖かく頂きます。




にゅうめん。



R0012349.jpg



これまた名物の
柿の葉寿司と胡麻豆腐と一緒に頂く。


さっぱり





奈良の秋、なんでこんなに素敵なのでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

前評判通りの風情 浄瑠璃寺 [奈良]

R0012371.jpg

なんと素晴らしき秋の色。





一昨日紹介した岩船寺にほど近く、
こちらも古刹。


浄瑠璃寺 (京都府木津川市)




R0012378.jpg



庭園の美しさ、それも華美な美しさではなく、華奢な美しさというか、
とにかく絶妙なバランスを感じる。


R0012362.jpg



R0012363.jpg



R0012367.jpg




R0012374.jpg




寺の手前の馬酔木の並木も季節がベストなら最高でしょう。






おまけですが↓もうなんなのかよくわからない。


R0012379.jpg



すごい色とボリューム。







秋のお寺さんの素晴らしさは去年京都でも実感しましたが、
今年はこうして平日に奈良や京都の外れに見に来れたのは
本当に幸運でしたね。




岩船寺・浄瑠璃寺、どちらも素晴らしいお寺でした。


次はちょっと有名どころで室生寺か長谷寺をご紹介します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

予想以上の大収穫 岩船寺(京都・木津川市) [奈良]

住所は京都府だが、
奈良市にほど近く、ほぼ奈良エリア。


取引先の方に教えてもらった「岩船寺」(がんせんじ)



お寺そのものは小さいが、
非常に美しい。


何がって言われると言葉には表しにくいんだけど、、、


R0012351.jpg





R0012352.jpg


この写真ではないけど、
ここは山吹色が異常に奇麗な紅葉がある。



R0012355.jpg




池のほとりには沢山のあじさいが植えてあり、
あじさいの季節は最高に良いだろうな、と。



あじさいや周りの木々の緑と、
三重塔の朱の色のコントラスト

それは見事だろうと思う。



古刹を巡って感動できるって
自分自身の成長(というか高年齢化?)。



いつか熊野も歩きたいし、
奥の細道も歩いてみたいと思う。



やっぱり日本も素敵だな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

室生寺・長谷寺・岩船寺・浄瑠璃寺・元興寺 [奈良]

GRがようやく手に馴染んできました。

今日の奈良ショートトリップから。


R0012236.jpg

最高の紅葉@室生寺





R0012280.jpg

無類のコケ好き@室生寺




R0012295.jpg

南天@室生寺


紅葉の赤は一枚一枚雰囲気も違うし、
ある一枚を見てみても色ムラがある。
ちょっと黄色いとこがあったり、
黒っぽいとこがあったり。

そんなのが良い。


一方、南天の赤は一部の隙もない赤だ。
嫌らしい、下品なくらい赤い。

でも、緑の葉とのコントラストだったり、
周囲とのとけ込みによっては
絶妙な色だったりする。

色って本当に面白い。






実は昨日から両親が大阪へ来ている。

昨夜は夕飯を供にし、
本日は自分は休暇を取って、
3人で奈良へ。


室生寺と長谷寺へ行ってみたいとの両親のリクエストだったので。

長谷寺の後どこに行くか全然決めてなかったので
奈良の取引先の営業さんに電話。笑
(公私混同すいませんでした。。。)

岩船寺(がんせんじ)と
浄瑠璃寺を紹介してもらう。

奈良、と聞いたが
住所が京都でびっくり。

奈良市に隣接した京都の木津川市。


どちらも「風情」というのがぴったりな良いお寺でした。
ツボ、付かれました。
やっぱり地元の人は良いところを知ってますねぇ。


夕暮れの元興寺は
言うまでもなく素晴らしい。


写真、たんまり撮りましたが整理している時間がないので
それはまた後日。



いやー、奈良、やっぱり最高です。
素晴らしい緩さでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

正倉院展・ミホミュージアム・鍋奉行 [奈良]

どうカテゴライズして良いかわからない3連休。


初日は奈良へ。



R0011792.jpg


若草山で季節を感じ、


正倉院展に歴史を学ぶ。



いつもなら鹿の写真だが、
今日は変化球。



R0011807.jpg




二日目は滋賀へ足を伸ばし、
ミホミュージアムへ。


R0011870.jpg



やっと行けた。

感無量。



ミュージアムって面白いな!







最終日はサントリーミュージアムへ
ロシアのアヴァンギャルドを見に行こうかと思ったが、
3連続はさすがに消化不良になりそうだったので断念。。。





その他、自宅用に土鍋購入。
鍋が美味しい季節です。



秋は文化的に過ごしたい。


スリランカ旅行記もちょっとスローダウンして
文化的にいきますか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鹿の秋 [奈良]

陽さんのブログから沢山の方が訪れてくれているみたいで、
恐縮です。


さて、
ついこの前、奈良へ行った時、
この秋の一大イベントの告知を見ました。


DSCF1557.jpg


「鹿の角きり」




おぉ。




スリランカ旅行とかぶるので見にはいけないけど。。。








DSCF1621.jpg



鹿もシュールに色々考えてるんだろうな。




今日はTristezaを聴きながら本を読む夜。

仕事のあるプロジェクトが最終局面。
出てこい、インスピレーション。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

くるみの木 @奈良 [奈良]

I love Nara.

奈良が好き。

やっぱり奈良は良いところでした。


そんな奈良で行ってみたかったカフェ雑貨「くるみの木」


念願叶って発訪問。

最寄りは奈良駅の隣の新大宮駅。


DSCF1501.jpg

そのまま。



DSCF1502.jpg


期待が高まる。



DSCF1503.jpg



DSCF1505.jpg




DSCF1506.jpg



DSCF1511.jpg




まずは腹ごなしと行きたい午前11時45分、
「20組待ちです。」と。

勉強不足でした。。。


しかし時間もあるので待つ。






待つ。


待つ。。


待つ。。。



DSCF1513.jpg



2時間後、
ようやくテーブルへ。




あの、、、
ディズニーランドよりも、
真昼の三田二郎よりも待つんですが。。。





DSCF1519.jpg


DSCF1508.jpg




初秋のランチをセレクト。

どうやら数量限定らしい。



もうしばらく待ってようやくきました。



DSCF1529.jpg


DSCF1544.jpg





あまりにお腹が空いていたため何も覚えていません。。。



いや、優しい味で美味しかったような。



DSCF1533.jpg



ごちそうさま、と言いたいところですが、
ここまで待ったのでせっかくですから
デザートまでしっかり食べてやります。



DSCF1551.jpg




う。
美味いじゃないか。



DSCF1554.jpg




ご馳走様でした。







奈良で25年。
日本のカフェの発祥とも言われるこのお店。


25年は凄いです。


雑貨も良い感じ。







続ける事の難しさ、
迎合しないスタイル



待ち長く、
学び多し。






嗚呼、奈良万歳。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

奈良町 カフェ 「カナカナ」 [奈良]

奈良でのランチ。



たまたま通りがかりに気になるお店。
というか、すごい人気みたい。

カナカナ」というお店。
2階は雑貨屋。


ブラジル音楽が流れるゆるい店内。
古民家を改装したような作り。



日曜の昼にお出かけ。


DSCF0767.jpg

当然ビール

エビス小瓶。


生き返る。

生きていける。笑




大好きな瞬間。





ランチは気になったブラジル料理のメニュー。



DSCF0770.jpg

これは「フェイジョン」



DSCF0773.jpg


これは、、、忘れた。笑


自分で頼んだくせに。。。

どちらも美味い。
なんでこんなにブラジル尽くしなのかわからないけど、
美味いし、雰囲気が良いから良いか。







奈良は奈良町を中心にゆるそうなカフェなどが点在。
面白い町。


まだまだ行くとこだらけ。







今週は土日に神戸
それも楽しみ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

奈良で見つけた「いろとかたち」 [奈良]

6月の奈良は色と形に溢れている。



DSCF0780.jpg

世界文化遺産の元興寺で。



DSCF0764.jpg

ならまちの軒先にはこれが沢山。
(家族の願いは軒先に)



DSCF0763.jpg

こんなに使い切れないよ、と思ったらカフェ





DSCF0786.jpg

昔、歯医者に行く途中に目にした風景。





DSCF0794.jpg

下品な程のコントラスト





DSCF0777.jpg

悪いやつじゃないのに嫌がられる。






DSCF0766.jpg

目的はここ。


入江泰吉記念奈良市写真美術館




黒川紀章氏の設計。

なかなかモダン









入江泰吉さんの写しだす奈良は圧巻。

風景も仏像も植物も、すべてが慈愛に溢れ、吸い込まれそうになり、
時にはその微笑ましさに頬が緩む。


以下、ホームページから抜粋。


入江泰吉
大和路巡礼Ⅱ-佐保・西の京-
2008年4月1日(火)~6月29日(日)

写真の日(6月1日)は観覧無料》
 「私は終戦後の間もない頃から、薬師寺には何度も訪れた。境内の雰囲気もさることながら、周辺の西の京のひなびた民家越しに貌をのぞかせる、三重の塔の容姿が大好きであった」と入江泰吉は語っていました。この言葉が指し示すように入江は東塔一基の頃も、西塔が復元され東西両塔がそびえたつ頃も、時代や季節の移ろいとともに約半世紀にわたって見つめて撮り続けてきました。
 さらに堂塔のある風景だけではなく、佐保と佐紀に点在する古寺のたたずまいや古墳群、そこに暮している人々の生活風景も写真に収めています。また時代がモノクロームからカラーへと移行するなかで、入江自身も奈良らしい農村風景や滅びの美を意識した作品から、さらに深く大和の歴史を重視するようになりました。大和路関係の歴史書をひも解きながら、何度も通い続け、新たな歴史の美を探ってきたのです。そして、かつて展開された歴史ドラマや万葉びとの心情をイメージし、それに似合った自然の一瞬をとらえ、叙情あふれる作品に仕上げてきたのです。
 それは薬師寺や唐招提寺をはじめとする古寺の仏像を撮影する際も同様で内なる美と心を重視してきました。彫刻美として仏像を見るのではなく、一人の巡礼者としてみ仏と対峙し、祈りに誘う崇高な美しさをとらえようと苦心してきたのです。
 今回は、大和路にこだわり撮り続けてきた入江の足跡を見つめ直そうと、地域を分けてシリーズで巡る第2回目です。入江の代表作が数多く発表され、自身も好きな地域のひとつにあげていた「佐保・西の京」の地を取りあげます。そして古代びとが行き交った佐保と佐紀の歴史の道をはじめ、白鳳、天平の香りが漂う古寺の仏像や風景の移ろいをモノクロとカラー作品106点で紹介します。






こんな素晴らしい作品をたった500円で鑑賞できるこの美術館は素晴らしい。

そして恐ろしい程、入館者数が少ない。


おかげでのんびりたっぷり鑑賞。




大満足。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

やっぱり鹿が好き(6月編) [奈良]

奈良、やはり素敵なところです。

小雨降る日曜日、目的は他にあってもついつい寄ってしまう奈良公園。


全国の学生の修学旅行は「奈良」にすべきだと思います。

鹿とたわむれるだけでなんて素敵な気持ちになれるのでしょうか。




大好きです、鹿。




DSCF0828.jpg



この時期は角も良い感じに成長してくるらしく、
かわいい鹿を撮影しようとしゃがんでいたら後ろから他の鹿に角アタックされました。笑



DSCF0835.jpg







あぁ、愛おしい。




DSCF0842.jpg




素敵な日曜日。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。