So-net無料ブログ作成
検索選択
スリランカ ブログトップ
前の10件 | -

スリランカ またヤバめなホテルが… [スリランカ]

スリランカ、熱いなぁ。
ほんと。


またまた良いホテルが誕生しているようです。

場所はキャンディ


Theva Residency


ロケーション、内容ともに良し。

もう少しリーズナブルだったら尚良し、かな。






写真はキャンディじゃなく、
コロンボからゴールへ抜けるゴールロードの一角。

海辺。

FH010003.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

living in Sri Lanka [スリランカ]

タイトル通り、

living in Sri Lanka』


R0012680.jpg




このブログで紹介しているHelga's Follyは登場。


知らない場所もけっこうある。






いやー、スリランカ。
やっぱり良いとこです。



このへんとか、、、

http://www.galapita.com/


HPじゃ伝わりにくいけど。。。









また行きたいな、スリランカ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スリランカ旅行記25 〜カンダラマホテル4〜 [スリランカ]

R0011498.jpg


グッドモーニング、スリランカ。


素晴らしい朝でした。



R0011520.jpg



窓の外には猿が踊り、



R0011506.jpg



貸し切り状態のプールから



R0011507.jpg





素晴らしい景色が眼前に。








カンダラマホテル、恐ろしいです。



R0011516.jpg




ホテル自体がエンターテイメントとはホントに良く言ったものだ。






何泊かゆっくりすべきところなんだろうけど。
残念ながら一泊だけ。



いつかまた来よう。


今度はジェフリーバワの他のホテルにも行かねばならない。





スリランカ、恐るべしだと思いませんか?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スリランカ旅行記24 〜カンダラマホテル3 居住者〜 [スリランカ]

居住者以外の立ち入りは禁じます。


R0011488.jpg





そう、彼らもレジデンス



R0011494.jpg









GR、良い仕事しています。



R0011495.jpg





↑もしかしてこの旅、最高の一枚?






カンダラマは虫だらけ。
昆虫というか、虫だらけ。

それも含めて楽しめる人なら相当面白いと思います。





蚊や蠅程度でちょっと抵抗のある人にはお勧めしません。






良くも悪くもカンダラマホテルはランドスケープ一体型なのです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スリランカ旅行記23 〜カンダラマホテル2 奇跡の夜に〜 [スリランカ]

カンダラマホテル


R0011401.jpg


ランドスケープ一体型と言ってしまえば簡単なんだが、
この地、この目で見たものはそんな簡単な言葉では表現しきれない。


「まだ世の中には知らないものが沢山ある。」
月並みだが、そんな事を実感した瞬間。


こんな景色なら見た事あるが、
こんな景色の中にホテルがあるなんて。


R0011384.jpg




R0011386.jpg



R0011388.jpg


いちいちがかわいかったり。




R0011393.jpg


そう、今日はポヤデー。

満月の日。



プールも2カ所ある。



R0011409.jpg







なんでこんなに緑、絡まっちゃったんだろ。



R0011414.jpg




ジェフリーバワはここで何を想い、
何を描いたのか。



R0011428.jpg




このホテルの存在は奇跡かもしれない。





夕飯にビュッフェを強いられる事を除けば本当に最高。




夕飯の後はたった数名のために演奏される
民族楽器の演奏会。



R0011482.jpg



もちろん紅茶を飲みながら。





R0011479.jpg


ポヤデーの夜、
酒は無いが十分に酔える。





月夜を見ながら心地よい独り占めのプールに身を任せる。



プールを見下ろす岩の上では初老の男性が
民族楽器を演奏している。




目の前には静まり返った湖とジャングル

見上げれば満月といくつかの星。


曇天のせいで最高の星空ではなかったが、
この夜、このプールを独り占めし、
この瞬間が味わえた贅沢は一生忘れないだろう。





スリランカに起きた奇跡の夜だったと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スリランカ旅行記22 〜カンダラマホテル1〜 [スリランカ]

移動の多かった4日目、
キャンディ→ダンブッラ→シーギリヤ→ダンブッラ


最後は正確にはダンブッラ近辺なんだが、
この旅最大の目的地「カンダラマホテル」

まずは写真を見てほしい。


R0011364.jpg



これがホテルか?
というような景色。




チェックインのためにまずラウンジに通され、
目の前に広がる湖と、この背後に広がる建物を目にする事になる。

R0011361.jpg



興奮冷めやらぬ中、ウェルカムドリンクで一息。


R0011360.jpg


ジェフリーバワの最高傑作との呼び声高いホテル。

欧米でも有名だが、
それ以上にスリランカ人は皆、「あのホテルは最高だ」と言う。
(もちろん皆泊まった事はないのだが。。。)



建築についての細かい事は
僕はよくわからないのでここを見て欲しい。



そして前にも紹介したこれも。





部屋は湖とシーギリヤを向いたシーギリヤウィングと
ダンブッラを向いたダンブッラウィングに分かれている。

断然シーギリヤウィングがお勧め。


客室は2階〜5階くらいだったと思うが、
僕が泊まった部屋は5階。


R0011382.jpg


R0011372.jpg


シンプルにまとまっている。



R0011373.jpg


ベランダからは遥か彼方にシーギリヤロックが。



バスルームももちろんキレイ


R0011375.jpg



この旅唯一のジャグジー。

R0011369.jpg



もちろんジャグジーからシーギリヤが見える最高のロケーション。




この部屋はシンプルにまとまっていて好き。

ベッドもサイズ、固さが良かった。

R0011377.jpg





館内を散歩していてたまたまスイートの一つを見せてもらったが、
びっくりする程良い部屋ではなかったし、
部屋からの景観も正直?。



予約するなら「向き」などは良く確認する事をお勧めします。



カンダラマの魅力はまだまだありますが、今日はここまで。


スリランカ、奥が深いですよね。
もう少しだけ続きます。
nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スリランカ旅行記21 〜barefoot @ Colombo〜 [スリランカ]

スリランカへ旅行に行くと決めた時たまたま見つけたのが
このお店の情報。

テキスタイル&雑貨好きの自分にはたまりません。

BAREFOOT(ベアフット)




日程的には行くのが厳しかったんですが、
最終日に無理矢理ねじ込んで行ってきました。

行って正解。



R0011629.jpg



コロンボのGalle.Rdにあります。
めちゃくちゃ良い感じ。


R0011630.jpg


R0011633.jpg


R0011634.jpg





イエメンでも織元を訪ねてわざわざ重い生地を仕入れてきましたが、
今回は大量買いしたい気持ちを抑え、、、



小さなものを。。。




R0012044.jpg



ハンカチですが、7枚程。



これで7days war戦えます。


ハンカチって結構好きで。

つい増えてしまうもの。





スリランカには超お洒落雑貨屋が2件あり、
その一つがベアフット。

もう一つはパラダイスロード。

それはまた別の機会に。




ちなみにベアフットは日本に代理店もあるようなので、
どっかに置いてあるかもしれませんが。。。



豊かな色がたまりません。

スリランカ関係の書籍写真集も豊富に扱っているので
おみやげ買いにはここは相当お勧め。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スリランカ旅行記20 〜シギリヤ〜 [スリランカ]

ダンブッラからシギリヤ(シーギリヤ)へ。

ここはシギリヤロックと呼ばれる岩山がある。

そしてシギリヤレディとして知られる壁画がある。



素晴らしいとは聞いていたが、本当に素晴らしかった。



R0011295.jpg




岩への道は遥か遠く。


R0011297.jpg



岩山のふもとから、

険しい階段を登っていきます。






そして


R0011302.jpg



垂直の螺旋階段を登り、




R0011308.jpg





フラッシュはダメ。笑




いよいよフレスコ画とご対面。



R0011311.jpg



これが出来たのは5世紀の後半。




眺めは最高です。



R0011313.jpg





ライオンの足と呼ばれるところからまた登ります。



R0011326.jpg


ありえない大きさの蜂の巣があるので要注意。


ハチが飛びまくってます。







岩山の上には王宮跡。



R0011344.jpg





四方を森に囲まれる絶景。



R0011347.jpg




こんな世界遺産は見た事がない。


感動。




ただただ感動。






このシギリヤが王宮として使われたのはたった11年。
すごいね。。。




この岩山の上から何を見、何を考えたんでしょうか。




スリランカは偉大です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スリランカ旅行記19 〜ダンブッラ〜 [スリランカ]

ダンブッラへキャンディから移動。


大きな地図で見る


途中素敵な景色に出会う。



R0011202.jpg



ダンブッラはシギリヤへ向かう途中に立ち寄る程度。



黄金寺院と呼ばれるものがある。
(ダンブッラ石窟寺院)



とんでもないでかさと派手さの↓が主役かと思えばそうではない。



R0011237.jpg





では、急な階段を登っている途中に度々出現する↓が主役か、
といえばそうでもない。


R0011244.jpg





主役は、、、

石仏に壁画、天井画。



R0011263.jpg




R0011264.jpg




このへんは何もこのブログでお勉強してもらわなくても
ガイドブックにも出てるし。。。笑





中腹から遥か先に見えるシギリヤ。


R0011255.jpg



ダンブッラからシギリヤへ向かいます。




ちなみに、ダンブッラでは階段を上がった途中のところから裸足になります。
この日は快晴。

足の裏が大変なことになります。

知らなかったんですが、
靴を脱げば、靴下は脱がなくても良いとか。。。




ここもポヤデーだったので凄い人。

地元の人もピクニック気分で来ている感じ。


ゆるいです。
ゆるゆるでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スリランカ旅行記18 〜キャンディ ポヤデー〜 [スリランカ]

スリランカでは満月の日が祝日。

ポヤデーといい、
仏教徒は寺院にお参りに行く。

どうやら正装は白のよう。


お店もお休みだったり、
お酒を出さなかったり。

旅行者で酒飲みの自分には不便だが、
ポヤデーの日の寺院が見れたってのも一つの幸運か。


「満月だから明日休みだね」なんて日本で言ってみたい。
日本じゃありえない祝日だ。


R0011149.jpg



チベット仏教のタルチョみたいだ。



R0011156.jpg


子供だって正装でお参り。



R0011148.jpg



でも小さい子にはさすがに退屈?




R0011158.jpg




祝日の朝。

静かなお寺にて。










キャンディの街も祝日なんでどこかのんびりムード。



R0011142.jpg



これはすごくスリランカっぽい一枚でした。



この日はキャンディからダンブッラに移動でしたが、
途中途中の町のお寺でも皆お参りに来ていました。

敬虔な仏教徒が多いんですね。

タイほどではありませんが、
この国も微笑みの国です。



老いも若きも皆笑顔が素敵です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - スリランカ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。